青年部会」カテゴリーアーカイブ

【青年部会】2017年度12月の定例会を実施しました。

12月7日(木)、今年度第9回目の青年部の定例会を『大分県身体障害者福祉センター2階の視聴覚室』にて、以下の話し合いをしました。

  • 近況報告
  • 発達支援センター「イコール」より報告
  • 還流報告
  • 各種講演会情報
  • その他…学校卒業後の福祉サービス利用について親亡き後の相続や福祉信託について考えていこうと話し合いました。

【青年部会】平成24年度 第2回 青年部会定例会を実施しました。

6月14日(木)、今年度第2回目の青年部の定例会を『大分県身体障害者福祉センター2階の視聴覚室』にて、以下の話し合いをしましたにこっ女性

星自己紹介
星発達支援センター「イコール」より全国発達障がい者支援センター連絡協議会の報告
星各種講演会情報
星平成25年度より支援学校卒業生の進路に変化がある可能性について
星年金の話
星近況報告(中学部進学、現場実習中の様子、クローズアップ現代をみての感想等)

今月は多数の参加がありましたにこっ女性
久しぶりに部会に参加したメンバーから、「やはり、部会に参加してよかった。色々と現場の声が聞けて勉強になった。」との感想がありましたにかっチョキ

【青年部会】平成24年度 第1回 青年部会定例会を実施しました。

5月10日(木)、今年度 第1回目の青年部の定例会を『大分県身体障害者福祉センター2階・視聴覚室』にて、以下の話し合いを行いました女性にぱっ

星 近況報告&新生活を送るにあたっての保護者の不安・疑問に大分県発達障がい者支援センター佐藤先生からアドバイスをいただく。
星 各イベント&講演会についての報告、情報交換
星「自立支援法」→「総合福祉法」への改正について
星「大阪維新の会家庭教育支援条例」に対する協会の動きを報告
星 今年度の青年部会の活動の主なイベント、定例会についての方向性についての話し合い

午前中で終わるつもりが、話が盛り上がってしまい、結局、時間いっぱい懇談が続きましたオッケー
参加された皆様、お疲れさまでした女性にかっ

【青年部会】定例会を実施しました。

8月30日火曜日に、定例会を実施しましたメモ

今回は、かねてからリクエストのあった星i Pad&i Phone星の学習です音符
支援機器としての多機能端末やスマートフォンの活用や課題について、i Padやi Phoneを実際に操作しながら考えていきました女性
すでに操作の経験のある方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方が初めて初心者
経験者についても支援に使えそうなアプリと活用例についてはなかなか実際に情報交換することがないようで、短時間ではありましたが、操作に情報交換にと大変有意義な時間になりましたチョキ
i Padやi Phoneの操作性の良さには一同びっくりぎょ
「これなら子ども達にも簡単に操作できるねオッケー」としみじみ感じました。
また購入についての課題なども話に出て(価格面・通信にかかる条件など)支援機器全般について今後も定例会において情報提供の機会を設定していこうと話をまとめ、今回の学習を終えました。

また、今回の定例会には大きな話題がもう一件!
障害者基本法が8月5日に改正・施行され、発達障害が精神障害に位置づけられました。
今後の障害者に関する政策や様々な場面にも法改正が反映されて、いろんな場面でよい変化を期待したいという声が多く聞かれました。
また、その他にも改正により変更された項目があり、自閉症の方が暮らしやすい生活にどのように結びついていくかを学習する必要があるようですてへっ

施設見学のご報告

12月は施設見学ということで、12月9日木曜日に、大分市辻にある社会福祉法人「新友会」のひまわり園・ひまわり畑・ひまわりの家の見学をしました女性

ひまわりの家は改築中でしたが、ひまわり畑の広くて清潔な作業所に見学者一同見入っていました四葉
それぞれの利用者さんのニーズや目線にたった支援を考え提供しているとのことで、その姿勢や行動は作業所や施設のあらゆる場所で目にすることができましたパー

また近くの団地内のグループホームを見学させていただき(一軒家を改装してホームにしていました)特別支援学校の高等部卒業後の生活の場を実際に見ることができて、卒後の生活がイメージできたようですにかっ
その折りに地域の方々にグループホームの利用者さんのことを知っていただくために苦労したことや、地域とのつながりを常に大切にしていることなど生活そのものだけでなく、生活を「支えてくれる仲間作り」の大切さを学ぶことができました音符

午後は犬飼の「どんこの里」に移動して昼食&定例会おにぎり
おいしいランチ(そして安いチョキ)と情報交換・隣の農産品即売所での買い物と充実の一日を過ごしましたぽわわ

【青年部会】定例会を実施しました。

8月5日木曜に定例会を実施しましたメモ
前回の定例会後に入ってきた各種情報や講演会の還流報告について、また夏休みに入ったこともあり、長期休業中の子どもたちの過ごし方のアイディアなどについて情報交換しましたパー

その中で特に話が出てきたのは、夏休み期間にサービス利用希望者が増えるため、必要なサービスが受けにくくなっていること。
中でも行動援護については、実施する事業所も支援員も少ないため、希望してもなかなか利用できないということでした。
行動援護については、関係者にあってもどんなサービスなのかが知られていない実情もあるようです。
自閉症スペクトラムの子どもたちには必要な行動援護を、今後支援者にどのように理解をしていただくか、引き続き考えていきましょう女性