活動概要・年間計画

年少部会(小学生以下)

 診断後まもなくの幼児から、小学校6年生までの子どもとその保護者が加入します。
 毎月1回の定例会を行い、大分県発達障がい者支援センターの専門家の参加を得て、
 情報の共有・悩み事の相談などを行っています。また年1度の夏季療育キャンプの
 ほか、保護者の親睦会・勉強会も行っています。
 定例会は見学ができますので、お気軽にご参加下さい。

・毎月一回部会(原則第一金曜日開催)
・夏季療育キャンプ

青年部会(中学生〜高校生)

 中学校・高校および特別支援学校中学部・高等部に在籍する子どもとその保護者が
 加入しています。
 思春期の問題、卒業後の進路・福祉サービスの利用など、この年代の子どもが抱える
 課題について大分県発達障がい者支援センターの専門家の支援を受けながら学習して
 います。また将来を考えて施設見学等もおこなっています。
 大人に近づくにつれ解決する問題もあれば、新たに見えてくる課題もあります。子ども
 たちが地域社会で生活をするためには何が必要なのか、周囲の大人ができることは何か、
 一緒に考えていきましょう。

・毎月一回部会&勉強会(原則第二木曜日開催)
・施設見学

高機能・アスペルガー部会(通称:びぃ☆はぴ)

 年齢を問わず、自閉症スペクトラムのうち、アスペルガー症候群・高機能自閉症など
 知的障がいを伴わない広汎性発達障害児とその保護者が加入しています。
 月一回、定例会で大分県発達障がい者支援センターの専門家を交えて、情報交換や、
 悩みを話し合っています。また三ヶ月に一度程度、レクレーションを行い、親同士・
 子供同士の親睦を深めています。随時講師の先生を招いての勉強会も行っています。

・毎月一回定例会(原則第三金曜日開催)
・本人活動(三ヶ月に一回程度)

成人部会(高校卒業後)

ただいま、掲載準備中です。

施設部会(施設・グループホーム入居者)

 萌葱の郷の利用者の家族で構成されている部会です。

「社会福祉法人 萌葱の郷」

専門部会(医療・福祉・教育・研究機関の専門家)

 専門部会では「自閉症児・者とともに地域生活を満喫すること」をモットーに、
 本人やご家族を中心にしながら支援者同士が情報交換を行う場として、実際に、
 各部会のレクリエーションやキャンプへの参加などを通して交流を深める以外に、
 「大分県発達障がい者支援専門員」との交流会や、「大分発達障がい研究会」、
 「TEACCHプログラム研究会大分支部」等のバックアップ等を通して、各専門家と
 交流できる機会をつくり、大分県における自閉症支援ネットワークの構築をすすめる
 ことを目的に活動しています。

・月1回程度  

あとむの会(本人余暇活動支援の会(有志のみ))

 有志による余暇活動。大分県発達障がい者支援センターの支援のもと、学校関係・
 福祉関係・学生のボランティアの協力を得ながら、プール、ボーリング、カラオケ等
 の余暇を楽しむ活動をおこなっています。

・年三〜四回程度